FPの資格は取っておくととても役立ちます

こちらのサイトでは、FP(ファイナンシャルプランナー)という資格について総合的にご案内しています。
これは家計を考えるうえで考慮するべき保険や投資、公的保障制度などに関する知識を専門的に活用して総合的にアドバイスをする業務をこなす方になります。
この資格を称している人はどんな仕事をするのか、就職においてどれくらいのメリットがあるのか、などの情報を分かり易く紹介しています。
これから資格取得を目指す方、あるいは相談を検討している方にぜひご覧になっていただきたいです。

FP(ファイナンシャル・プランナー)とは?

FP(ファイナンシャル・プランナー)とは? FPは、ファイナンシャルプランナーの略称です。
これは、家計を考える上で適切なアドバイスをしてくれる専門家です。
家計を考えるうえで検討するべき要素はたくさんあります。
民間の保険や公的保障制度とのバランス、投資の活用、住まいの購入や賃貸との選択を検討すること、ライフプランを考慮して将来的にどれくらいの費用がかかってくるのか、今の仕事を続けてどれくらいの報酬が得られるのか、といった要素を総合的に勘案し、将来的に希望する生活を送るためにどうしたらよいかというアドバイスをもらうことができます。
FPの資格を持っている方は保険会社や銀行の入社の際に有利になるといわれています。
家計の検討をしようと考えている方はぜひFPへの相談をご検討ください。

FPは相談者が気づかないこともしっかりアドバイス

FPは相談者が気づかないこともしっかりアドバイス お金の専門家であるFPにライフプランニング表を作ってもらうことで、これから先の人生におけるお金の見通しが立つようになりますから、相談者にとって非常に意義のあることです。
しかしプランニング表は、べつにFPに相談しなくても自分で作ることもできなくはありません。
インターネットなどでも、表を作成するためのツールが出回っているので、それを使えば必要事項を記入しいくだけで、なんとなくプランニングができてしまいます。
ではFPに依頼するのは意味がないのかというと、そんなことはけしてありません。
専門家に頼むメリットは様々あるといえるでしょう。
まず、自己流で作った人生計画表では、必ず見落としている項目が発生してしまうものです。
収入や支出に関して漏れがあれば、計画と実際の生活でどんどん差が出てきてしまい、結局計画通りにいかなくなってしまうということになりかねません。
FPにしっかりとチェックしてもらうことで、収入や支出に関する項目の漏れを最小限にとどめることができるでしょうから、誤差を少なくすることができるはずです。
そしてやはり専門家であるFPにお願いすれば、高い見地からの有益なアドバイスをたくさんもらえるので、我流のプランニングよりも良いものになるでしょう。

FP関連サイト

FP

新着情報

◎2019/8/5

FPに依頼できる内容
の情報を更新しました。

◎2019/5/13

住宅ローンの借り方はFPに相談
の情報を更新しました。

◎2019/2/18

教育資金の相談はFPに
の情報を更新しました。

◎2019/1/31

サイト公開しました

「FP 相談」
に関連するツイート
Twitter

『 保険の比較相談 』”マネー相談&保険の見直し” のスタバドリンク付FP無料相談 のご紹介 bluephoenix.blog/2019/07/02/%e3…

はてなブログに投稿しました #はてなブログ 保険の見直し相談、実際にFPと面談して感じたこと。 - kojiのブログ koji35kamada.hatenadiary.jp/entry/Review_o…

Twitterryu@現役の税理士、Webライター@ryu86518805

返信 リツイート 20:41

生命保険は相続税対策の定番ですが、相続税対策に適した生命保険とそうでないものがあります。 自分で判断するよりも税理士やFP相談することがおすすめです。

Twitter相続茂樹@正しく生前贈与@souzokushigeki

返信 リツイート 18:06

RT @ikegamihideji: 相談対応になっていない。 > インターネットのシミュレーションサイトで、実際にご自分の条件を当てはめ >効果があると納得できたら、銀行で相談 銀行に相談させるなら、FPの存在意義なし。それを提案するのがFP。 >ご自分で良いと思ったほ…

Twitterひーぼー@妄想が全力で暴走中のDC1級オリンピック受験アカウント・FP受験は当面放置(苦笑)@testSANTANADCFP

返信 リツイート 17:04

RT @ikegamihideji: 保険の否定だけして強引にNISA、iDeCoに誘導する、金融庁の回し者のようなFPは、金融機関に所属していなくとも相談に値しないと思います。

FPオフィス ViePlan(ビプラン)|コンサルティングでは相談者との対話を大切に、相談者のライフスタイルや価値観を重視し、相談者のライフプランに即したより良いファイナンシャルプランのご提案を目指します。 vieplan.com

Twitter福岡を中心に九州企業を紹介@chestnush

返信 リツイート 16:56

決まったら早い。動き出したら早い。仕事決まったこと、お世話になってる社労士さんに電話で報告して、今からハロワに行ってお世話になってる支援員さんに報告。あとは、資産形成の相談FPさんを訪問したいけど、それは新しいとこで実際に給料発生してからのが相談しやすいな。

専門分野を跨いだ支援が必要。労働問題は、法的なジャッジだけすれば良いというものでもないし、弁護士、心理士、フェミニストカウンセラー、産業カウンセラー、FPなどが多角的にワンストップで相談を受付けられる体制が整うと良いなと思っていて、一番それに近いのが労働組合です。

Twitter首都圏なかまユニオン@union_nakama

返信 リツイート 15:50

FPが家計診断をする記事を見かけることは珍しくありませんが、「格安SIMにしましょう」「飲み会の回数を減らしましょう」みたいな低レベルのものが多い。 実際の相談でそんなアドバイスしかしなければ、相談料を払ってもらえませんよ。

Twitter横山琢哉@FPライター/ブロガー@michishirube87

返信 リツイート 14:33

『 保険の比較相談 』”マネー相談&保険の見直し” のスタバドリンク付FP無料相談 のご紹介 bluephoenix.blog/2019/07/02/%e3…